野外活動
 
          
今回は以前から行ってみたかった県南の美波町でマリンクルーズを体験しました。
 
爽快感が抜群です!
船は大型観光船じゃなくて、なんと漁船なんですよ。
でも、その方が良かったです。人生初の漁船は、海風が気持ちいいし、空がひろ〜い!!すごい開放感でした。

美波町はウミガメの産卵場として有名ですが、海岸も海の色もきれいです。そして海上から見る景色は何とも言えない迫力があります。
 
えびす洞
標高52mの岩山に、波の浸食で直径30mもの大きな穴が開いています。正面から眺めたり、洞窟の中に入ってくれました。
40分ほどのクルーズはあっという間に時間が過ぎます。少し心配だった船酔いもまったく無くリフレッシュできました。暖かくなったらアクティビティツアーズで子ども達にも体験させてあげたいな。
 
漁師めし
お昼は予約しておくと、漁師めしなどがいただけます。
伊勢エビの汁物は、すごい出汁がきいていました。アワビの刺身もコリコリして美味しい。それとこの日はイカの刺身やひじきの煮物、タコとわかめの酢の物。新鮮な海の幸は絶品でした。
ランチも全部ふくめて3800円。

うみがめマリンクルーズ
http://umigame.me/
 
おまけ
すぐ近くの道の駅のトイレなんですが、洗浄ボタンをきちんと視覚支援してました。うん、これわかりやすい。
 
2011年 春は景色が生命力にあふれています。外は見るもの全てがまぶしいです。
そして何かと慌ただしいこの時期。春のサンポは、少し立ち止まって自分を見つめる心のケアタイムになりますよ。
 
春の声
20代は圧倒されるくらい咲きほこる夜桜、30代は自然に山を彩る桜、そして現在は散り始めの桜が一番こころ魅かれます。その時々の自分をうつし出しているのですね。
変化してきた自分・・・こんなふうに人へ向けるまなざしや姿勢も成長しているのかな。してたらいいな。
 
散歩のオトモ
こころ工房の周辺はかなりの自然地帯。キジやウグイスなど鳥のさえずり、カエルの鳴き声、風の音など普通に散歩していてもBGMはステキです。
でも時々、音楽を聴きながら歩いてみます。そうすると、いつもと同じ景色が少し違って見えたり、気付かなかったものに気付いたりするから不思議。
この日はコブクロ「Blue Bird」を聴きながらてくてくしました。
時には自分の視点をずらしてみると、おもしろい。
 
木蓮
冬の間この木を公園で見かけた時は、何の木だろう?って思っていました。花をつけ木蓮だと分かった時、なんだか嬉しかったのです。この感覚は・・・?
そう、子どもと向きあっている時にその子の「発信」や「心の芽」を見つけた瞬間と似ています。
 
そういえば
子どもの頃、鯉のぼりが怖かったのを思い出しました。正確には魚類全般が苦手だったのです。魚系のお顔の方も避けていたかも。散歩をして自分のトラウマを思い出すなんて・・・おそるべし!
だけど、今ならなんで怖かったり苦手だったのかがわかります。内観してみると現在も無意識のうちに避けていることがありました。他者のコミュニケーションに関わる者として、自分のトラウマを承知しておくことを常々、大切にしています。意識化できてとりあえず良かったぁ。
 
2010年の秋は予想以上に暖かいですね。
せっかくなので、散歩もちょっとした小旅行気分をあじわいたいです。自然を見つける「小さなさんぽ旅」してみました。
 
パンパース
初めて名前を耳にしたとき「えっ!おむつ?」(←アホですね・笑)って聞き返しました。西洋ススキですね。
 
日本のです
なじみ深い「日本すすき」です。
単純なので、これを見るとお月様とお団子を連想してしまいます。
 
わぁ〜!!
美しい色あいにうっとりします。
 
これから・・・ですね
みどりから黄色へと変わっていく途中の葉っぱ。
すっかり黄金色に変わったのも良いけど、こういうのもけっこう好きです。
 
不思議なことだけど、暮らしの中のなんでもない景色が自分のこころを豊かにしてくれている。どんなときも顔をあげれば、そこには空があった。太陽、雲、青空、虹、雨、月や星。
それは小さな感動で、見えないこころのアンテナみたいなもの。
 
朝日
病院へ診察に向かうある日の朝、バスの中から眺めました。
「だいじょうぶだよ」パワーで満ちている感じがしました。
 
すごく薄いけど、虹が出ていました。
見つけただけでテンションが↑気分になれるって、スゴイ。
 
青と赤
青い空と赤く色付いた葉っぱ。自然の色は鮮やかで、どちらもキレイでした。
 
夕日
同じ太陽なのに、夕暮れにうかぶ夕日は穏やかな感じがします。「そのままでいいよ」「今日もよくがんばったね」って、母性のようなぬくもりの光だった。
 
2010年春が近づいてきました。
あたたかくなったら屋外で花見カフェなんてどうでしょう?
 
わぁ〜!
桜の花を眺めると、いっぺんに心がきらきらしたもので満ちるのが不思議です。
 
せっかくだから・・・
Mさんからいただいた桜の花びらが描かれた器です。
温かいお茶をポットに入れて、お気に入りのお菓子を持ったらお花見にGo!この時期だから器はこれに決まりです。
 
さくらの紅茶なのです
これもいただきもの(*^_^*)
紅茶なんだけどちょっぴり塩味もきいてました。
茶葉には桜の花も入ってます。
 
阿波 棒ういろ
知る人ぞ知る阿波の銘菓です。
ういろ羊羹というより、もう食感はお餅に近いかな。
ほどよい甘さは最高!でパクパク食べられる美味しさですね。
10個入り525円。

有限会社 竹内製菓
徳島市八万町二丈49-15
TEL 088-668-2054
 
身が溶けてしまうような暑さが続いております。
そうだ!こんな時は打ち水をしてしばしの涼をとりましょう。1スイッチで打ち水&水遊びです。
 
ちょっと豪快な打ち水ですが・・・
水遊び用に使っていた電動ポンプ(ホームセンターで購入)と電源リレー(スイッチ接続のためコントロールユニット)、そして外部スイッチを用意。

 
1スイッチでする時は・・・
もしこのアクティビティ(活動)をされるときは、くれぐれも感電に気をつけてください。スイッチや電源リレーが水に濡れないように、サランラップやビニール袋などで防水しましょう。または、スイッチを押す人は水のかからない所に避難して活動してください。
防水用の外部スイッチとか、防水+赤外線でとばせるスイッチ&コントロールユニット機器があったら便利ですよね。でもまだ見たことがありません。どなたかご存知でしたら教えてください。
 
まるで噴水です
子ども用のビニールプールや大きめの桶に水をためます。
電動ポンプをその中に入れてスイッチを押すと、かなりの高さまで水がビュッ〜と飛び出します!
豪快な雰囲気が写真におさめられなくて残念です。
水遊びにもなるし、打ち水も出来て一石二鳥。
mは洗車の下準備をかねちゃいました。
 
バスウォッシャーも使えます
昔、1スイッチでお風呂掃除をサポートするのに入手したものですが、使えます!これは電源リレーでは対応できなかったので、直接外部スイッチをつなげるジャックを改造してつけてもらっています。
スイッチを押すと、クルクル回ってジェットシャワーを噴射し、水が無くなると自動停止します。
 
皆さんは、河原でなにをして楽しみますか?
泳いだり、釣りしたり、バーベキューにキャンプ、カヌーもいいですね。
 
河原
水音が心地よいです。
 
うまいなぁ〜
mのつれあいは、河原に出かけるとよく石を拾ってきています。そして、知らない間に玄関に飾ってあったりします。石にマジックでペイントしてあるのを発見!うまいなぁ〜☆わんこに見える!
 
それ、なに?
撮影中にハカセが登場。
 
そして・・・
かぷっ!おそるべし食いしん坊はかせ、食べられませんよ〜。
 
2008年ゴールデンウイークはいかがでしたか?
mはわんこ達と一緒に河原へ出かけました。
徳島の河原は、ほどよい広さのところも多く、風が吹き抜けてけっこう気持ち良いです。
 
気持ちいいナ
流れがゆるやかな時は、カヌーを浮かべて遊びます
 
自主練中
モモは泳ぐのがほんとうに大好きです。
 
ガジガジはかせ
流木を見つけると、投げて〜♪そして拾ってきてガジガジかじって遊びます。
 
夕陽
春の夕陽は、なんとも言えない美しさです。
ポジティブなパワーを感じます。
 
2008年の冬は雪の当たり年でした。
節分を過ぎても、近くの山には雪が積もっています。
さっそく週末に遊びに出かけました。
 
雪玉を作る!
雪をバクッっとはさむと、雪玉が作れます。
 
ほ〜ら!
まんまるにできます。
 
遊んでみよう
雪合戦もいいけど、ミニ雪だるまを作ったり、何個つみあげられるかに挑戦して遊ぶのもおもしろい。
 
たくさん
どんどんカンタンに作れるから、た〜くさん雪玉を作って遊べます。我が家は、わんこがキャッチ遊びを楽しみます。
 
雪とわんこのm日記です。
 
わんこ大喜び♪
モモもハカセも我が家のわんこ達は、雪が大好き。
大興奮で走り回ります。
 
気遣い
先輩わんこのモモさんは、放浪癖があります。
好き勝手にフラフラするのが彼女流の遊び方。
でもいつもと違う雪の中では、こちらの様子を伺いに近づくことがちらほら。
 
食べるんかい!
若さ爆発のハカセには、雪もおいしいようです。
 
友達になりたいけど・・・
人が好きなモモさんは女の子を見つけ、一緒に遊びたい様子。でも向こうは怖いかもしれないので、とりあえず「待て」です。
 
南国の阿波でも北風が身にしみる日々です。
そんな大寒のm日記。
 
冬の贈り物
徳島の市内では雪が積もることがほとんどありません。しかし、ちょっと足をのばして山の方へ行くと
景色は一変していました。
 
お楽しみ♪
ソリを持って遊びに出かけました。
 
よっこらしょ。
歩くことになれていないので、坂をあがるのも一苦労なのです。長距離はムリと判断。
短めの急斜面を選びました。
 
わぁおっ〜〜〜!
あっという間なのですが、それなりにスピード感があっておもしろいです。
 
こころ工房のある徳島市内は冬でもあまり雪がふりません。
年に数回、雪がふって積もるとラッキーな気分になります。
少し離れた山へ車を走らせ、遊びに出かけます。
今年はどうかな・・・と期待しつつ、冬遊びの準備。
 
雪玉製造マシーン
雪をギュッとはさみこめば、カンタンに雪玉が作れちゃいます。
これで雪合戦も大丈夫。
 
スノースクート
板の上に乗って滑ります。自転車のようなハンドルがついているので、方向をそれで調節。ブレーキはありません。写真は数年前に雪がふって遊びに行った時の様子です。
 
けっこうスピードでるんです!
安定しているので、転けることはめったにありませんが予想以上の体感スピード。
 
ソリもいいもんですね
つれあいに「よその子どもがビックリして、ずっと見よった(見てた)。」と言われるくらい滑り降りるときに絶叫してしまうmです。mがソリで遊んでいると離れていてもすぐに分かるそうです。恥ずかしい。でもおもしろい。
 
夏本番!暑いですね〜。
夕方になると、ほとんど毎日のようにわんこ達と河原や海岸へ涼みに出かけてます。
わんこm日記。
 
海岸へ
自然に恵まれた徳島では、車ですこし走ると河原や海岸があります。この日は大神子海岸へ。到着するとわんこ達はすぐさま海へジャブジャブ突入です。
 
川の上を走ってる〜?
スゴイ写真です。元気なハカセが河原で遊んでいるところですが、まるで川面の上を走っているみたい!
 
自主トレ
モモさんは若いときから泳ぐのが好きでした。高齢になった現在でも、自分で泳げる深さを探し、気ままに水泳を楽しみます。
 
どっちにする?
遊んだ後は帰ってきても、おなかが空いてそわそわ状態のわんこ達。おやつの「ガム」と「ジャーキー」どっちにする?って自分で選ぶようにしています。ちゃんとそれぞれに好みがあるし、その時々に応じて、しっかり選んでます。
 
今日は2007年7月7日。777でラッキーな感じですね。
みなさんは何かいいコトありましたか?
mは楽しいコトでバッチリの一日でした!
m日記です。
 
イルカ
ドルフィンセンター(香川県さぬき市)に行ってきました。
そして、イルカにふれてごはんをあげる「えさやり体験」をしました。想像以上に賢くて、愛らしかったです。
 
すごいなぁ〜
えさやり体験の後、トレーニングの様子をすぐそばで見学できます。ジャンプしたり、バイバイしたり、声!?を出して歌ったり、間近で見るとスゴイです。今度は関わっている子どもたちとぜひ一緒に来たいと思いました。
ここは障害児イルカ触れ合い活動や発達障害児・者支援事業をおこなっているそうです。プライベートビーチもあって、海遊びも楽しめそう。ただ、車いすトイレがありませんので、必要な人は近所の公園まで行かなくてはいけません。
ドルフィンセンター■URL:http://www.j-dc.net
 
梅雨
雨天が続くこの時期は、外に出るのがついついおっくうになってしまいます。でも・・・幼い頃は違ってました、長靴をはいて水たまりをバシャバシャ歩くのが大好きでした。そんな事を思い出して、雨の日の楽しみをぜひ見つけたいな!と思う今日この頃です。
 
ハカセとコミュニケーション
ハカセは夏の太陽のようにハイテンションな性格で人なつっこい反面、とても用心深く依存心が強い性格のわんこです。つい最近まで、大好きな河原に行っても独りで遊ぶことができませんでした。いつも人が遊んでくれるのをシッポをぶんぶん振りながら川辺の水の中で伏せをして、ひたすら待っているのです。先輩わんこのモモは、好きなように川に入って泳ぎ、木の棒を見つけてかじり、河原を探検して遊ぶマイペースなわんこです。最初のころのハカセは、モモについてマネをしながら遊んでいましたがやがて後追いはしなくなりました。そこでmは本を読むことにしました。待っていても遊んでくれないと態度で示そうと思ったのです。しかし、ハカセはやっぱり熱いまなざしをむけるばかり。そこで、思い切ってハカセに言いました。「ハカセ、ひとりで遊んできて。帰るときに声をかけるから。」何回か言うと、トボトボ川に入っていき、川底の石をくわえ自分なりに遊び始めました。こちらの言った内容を言葉として理解したというより、雰囲気やニュアンスをくみ取ったのだと思います。言ってもわからないと最初から私は思い込んでいました。しかしそうではなくて、やっぱり身振りや表情や気持ちも含めていろんな方法で表現して伝えてみることから、コミュニケーションが始まるように思いました。
 
2007年春です!外ですごしやすくなってきました。
ぽかぽか陽気に緑と土の香りの風。
なんだかわくわく気分になってきます。
サイクリングしながら春の足音を探しにいきませんか?
 
チリン♪チリン♪通りま〜す
この乗り物は『ザ・デュエット』といいます。
 
出発します★ちょっと緊張・・・!?
デュエットの運転は、意外に難しいと(私は)感じています。
広場や屋内の試乗では、曲がるのにコツがあるなぁと思う程度でしたが、実際にこころ工房の近所を走り回るようになって、運転手には腕力とバランス感覚が求められることを痛感するようになりました。
それにしても私の運転技術とは裏腹に、このデュエットに乗ってサイクリングを楽しむアクティビティは、こころ工房がかかわっている子どもさんから大人のかたまで、みなさんにとても人気があります。こういうアクティビティは安全第一なので、今日も私は(楽しみを見つけながら)運転の練習に励むのでした。
 
風を感じて気持ちいいなぁ〜!
桜の花がキレイです。
 
おっと!つくしを発見
ゆっくり走ると、普段、車では気がつかない小さな春に遭遇できるのですね。